でんぶんじょの楽しみ

ドライブと山とスキーを最高に楽しむ。時折スピリチュアル。

独女初心者マークのドライブ 群馬 野反湖・鬼押し出し園編

パーラーレストランモモヤ

今回は旧友に会うのが目的の一つでした。ドライブ前日は前橋駅近くで待ち合わせ、老舗の喫茶店に入店。看板の格子模様と赤と緑のカタカナから風格を感じる。メニューはオムライスや定食からパフェまで幅広い。店内のインテリアも昭和感が漂っていて落ち着く。

数あるメニューの中から良り選ったものをオーダーしようと思ったが、アイスコーヒーにした。(爆)次回はパフェとか食べてみたい。他のお客さんも頼んでいたのでこのお店の名物に相違ない。友人と学生時代の話に花が咲き、心情的に若返ったたところで別れた。
モモヤ、また来るよ!今度はガッツリナポリタン食べたい。

旅の出発点高崎へ

列車で高崎へ向かう。駅前では埴輪がお出迎え。個人的に群馬県民の絶妙なコミュニケーション力が気持ち良く大好きです。埴輪の微笑みが県民性を象徴しているかのようです。
高崎のビジネスホテルで一泊し、翌日早朝にチェックアウト。

今回はクルマは高崎駅東口のトヨタレンタカーで借りました。チョクノリ利用なので、店舗での手続きなしですぐに乗車できます。お車はアクアでいつもよりハイグレードなクルマです。(いつもヴィッツなので)

高崎駅東口 チョクノリステーション

<ルート>
高崎駅6:30➡野反湖9:00➡道の駅 あがつま峡11:30➡鬼押し出し園14:00➡高崎駅17:00

秘境、野反湖

以前某サイトで写真を見てから、美しい緑の絨毯と青の水を湛えた野反湖へ行ってみたいと思っていて念願かなって今回は一番に向う。高崎からはかなり遠く、2時間以上かかった。途中の温泉地に目もくれずに・・・。本当は湖周辺の山を縦走し山頂からの風景を見たかったのだが、そのような時間が取れずドライブでの訪問となった。天気悪し。時折雨のぱらつく曇天の中、アクアでひた走った。

ルートは特にグネグネ道もなく、初心者の私でも山間の里を通り抜けて到着できた。雨が降っていたのでワイパーの使い方(スピード調整)が良く分からず、、、。ガチャガチャいじりながらの運転は危険でしかなかった。特に初心者は、あまりなじみのないクルマは事前に使い方をチェックしておいた方が良いです。

到着!曇天で青い水という印象は薄いが仕方ない。展望台駐車場には人影もまばら、売店も空いておらず秘境感は漂っていた。散歩道があり少し歩いてみる。8月に怪我をした事もあり、足を引きずりながらの歩行の情けなさよ。。

秘境のバス停。バスでくるのも良いかもしれない。

強面、鬼押し出し園へ

正直最初は行くはずではなかったのですが、急きょ温泉地をはずし、ここへ行くことにしました。
理由はこの曇天の下で地獄の強面岩群の奇怪な世界がより際立って見られると思ったからです。溶岩が作った不思議な風景。群馬は奇岩が多く見どころが多いです。
途中有料道路になっていて軽井沢区間だと260円かかります。
このあたりの道路は整備されていて走っていて気持ちがよいです。クルマが良いからというのもありますが。
また軽井沢へ行くのであれば、是非立ち寄って欲しい観光地です。
軽井沢は今回通過しました。ハルニレテラス、トンボの湯は駐車場が満車でとまれなかったです。またかなり途中渋滞していました。やはり東京から来る車が多く人気スポットなのでしょうがないかな。

ここは真言密教のお寺でした。なるほどぴったりです。世界平和と生きるものすべての幸せを願いました。ここ最近神社、寺では自分の願い事はしないです。自分の願望は邪気となり神聖な地を汚すと聞いたことがありましたので・・。

足湯スポットが嬉しい、道の駅 あがつま峡へ

すっかりお昼を取り損ねたのですが、道の駅 あがつま峡で一休みすることにしました。ここは前橋で会った旧友のおすすめスポットでした。渓谷をみながらランチすることに。
売店で丼ものを胃にかきこんだ後、ソフトクリームを食べた。人が食べているのを見ているとつい買ってしまった!
アイスを食べながら浸かる足湯最高!運転疲れも軽減されました。

一路高崎へ

温泉地に寄らず、野反湖見たさでロングドライブしましたが、運転そのものが楽しいので、苦痛ではありませんでした。エンジンの音、振動と一体化する?のが気持ち良いと感じるようになりました。自分にそういう性質があるとは新発見。

高崎駅で今日の御伴アクアとお別れ後、ビールで乾杯!揚げナス旨し!
今回も無事にドライブの旅、完。